「EOS Kiss X7」がレンズフードを付けたままスッポリ入るバック

「EOS Kiss X7」がレンズフードを付けたままスッポリ入るバックの画像

この前、初めて一眼レフカメラを購入しました。
これは、放浪の旅に出たときの写真を改めてみると解像度の低い写真の連発で、結構酷いありさま。
コンデジや携帯カメラで撮っていたので当たり前っちゃ当たり前の出来栄えでした。
なので今度度に出るとき用にと、一眼レフカメラで綺麗な風景を撮るようにと思い切って購入しました。

なんと、EOS Kiss x7です!

安い!レンズセットで4万円前後です。この値段でもAmazonでの評価は高く、まさに初心者用カメラといっていいでしょう。

まあ買いました。使ってみました。思ったりより軽いんですが、いかんせんやはりレンズとレンズフードなどを付けていると、結構大きく持ち歩きに苦労します。

とくに僕の場合は、海外バックパッカー的な持っていき方をしたいと思っているので、極力荷物を減らしたい。でもカメラ周りの付属品などをすべて一か所にまとめたいとか思って、初めはManfrotto カメラリュック12Lを買ってこれにカメラ以外にもノートパソコンなども入ってしまうし、結構カッコいいので、いいなと思って、14000円もするのに衝動買いしてしまいました。

っでもね、届いたらこれ思った以上にでかかった。
そして背負っていると背中が結構熱くなる。涼しくない。
バックだけで1kgもある。こんな大きなものを他にもっとでかいバックパックを背負いながら、さらにこのでかいカメラバックを持つのか・・・。と思うともう無理でした。
一応フォローしておくと、普段使いには持って来いだと思います。このバック一つでノートパソコン・一泊分の服。カメラ本体・レンズ・付属品や三脚などが入るので、国内旅行用として使おうと思います。

そして、代わりにそのあと購入したのがOUTDOORのカメラショルダーバッグ 3.2L。

なんと、2000円程度と無茶苦茶安い!そして、こんなに可愛いサイズなのにEOS Kiss X7がレンズフード付けたままスッポリと入ってしまいます。それでもってオシャレで街中でも変じゃない。
Manfrottoのリュックとの大きさ比較
Manfrottoカメラリュック12LとOUTDOORカメラショルダーバッグ3.2Lの比較EOS Kiss X7にEF-S18-55 IS STM レンズを付けて、花形フードも付けた状態です。
EOS KISS x7 にEF-S18-55 IS STM レンズとフードを付けた状態これが、スッポリと入ります。ダブルズームは持ってませんので検証できませんが、まだ3㎝ほど余裕があるので入るかもしれません。フードとったら問題なく入るんじゃないでしょうか。
OUTDOORカメラショルダーバッグ3.2LにEOSKISSX7がすっぽり入る

そして、まだ横にスペースがあります。
僕は旅行用なので予備のバッテリーやSDカード、防カビ剤、防湿剤やレンズペンなどのメンテナンス用品を入れましたが、普段使いならスマホとか入ります。試しに手持ちにあるXperiaZ4が縦にちょうどいい感じに入りました。
さらに長財布も入りました。
また、全面にもつきだした大きめのポケットがありますので、こんな小さなサイズのショルダーバックでも結構物が入ります。

2000円と安いですし、初心者で買うカメラバックを迷われているならオススメですよ。
僕はこのバックで来週からカンボジアから陸路でインドまでいく予定です。